1. HOME
  2. ブログ
  3. 省エネ方法
  4. 5年以上前に設置したLEDが暗くなっているようです。なぜですか?

Q&A

省エネQ&A

省エネ方法

5年以上前に設置したLEDが暗くなっているようです。なぜですか?

お使いのLED照明が暗くなってきたと感じられる場合、LEDが寿命を迎えているのかもしれません。
LEDは、一般的にチップが発する光束(光の量)が70%まで下がった時を寿命としています。
2016年頃までに発売されたLEDの寿命は40000時間が多かったです。
(現在は60000時間が多くなってきました)
お使いのLEDは何年前に設置されましたでしょうか?
1日の稼働時間(点灯時間)が15時間、年間稼働日数が300日の場合、年で4500時間点灯していることとなります。
もし設置から8年以上経っているなら、そろそろ暗くなってきてもおかしくはありません。
ただし、LEDは寿命が来たからと言って、すぐに切れてしまうことはありません。じわじわ暗くなっていきます。
一度、夜間に照度計で照度(lux)を測ってみるのもいいかもしれません。
工場の照度に関するJIS基準(JIS Z9110)では、粗い倉庫作業で75~150lux、伝票を見るなら150~300luxとしています。
もしLEDの更新を考えられるなら、センサー付きもご検討頂けると良いと思います。
LEDからLEDへの交換は、電気代が劇的に下がるわけではないので、投資回収が難しいもの。
センサー付きなら、待機時に消灯もしくは減灯することで、センサーなしに比べて投資回収が早くなりますよ。