1. HOME
  2. ブログ
  3. LED
  4. 水銀灯ソケットにつけた高天井用LEDを安価に交換できる方法はありますか?

Q&A

省エネQ&A

LED

水銀灯ソケットにつけた高天井用LEDを安価に交換できる方法はありますか?

倉庫や工場の高天井についている水銀灯ソケットを活かして、LED化されているケースがありますよね。

その高天井用LEDが設置から7~8年経って、暗くなってきた、あるいは切れたという現場のお声を伺うことがあります。

もしソケットがまだ使えるなら、次のLED交換は工事不要です!

それは、電球の球を交換するのと同じ扱いだからです。天井まで上がって作業する必要はありますが、電気工事免許などは不要です。電源を落としてから作業なさって下さい。

現在お使いのLEDと同等の物であれば大丈夫。電源内蔵型か、電源外付け型かご確認下さい。

もし電源内蔵型でしたら、センサー付きLED照明はいかがでしょうか?

Lumiqs(ルミックス)のMBシリーズなら、交換を検討しているLEDのソケットにねじ込むだけで、とても簡単に省エネができます。

人やフォークリフトが近づくと自動点灯、離れると最短で30秒で待機状態に入ります。

待機状態は、「消灯」「ほんのり点灯」を選択することができます。

通路など、常に明るさが必要な場所は、待機時ほんのり点灯に、

あまり人が行かない荷物置き場などは、待機時消灯にすると、大幅な省エネになります。

導入された企業では、センサーが検知して点灯する時間割合は、なんと1日の2割くらい。残り8割の時間が、消灯もしくはほんのり点灯になっています。

この8割の時間が大幅な省エネになるのです。

やっぱり、照明の省エネは、こまめに消すことなんですね。

オススメのソケットを活かした高天井用LED MBシリーズはこちら