1. HOME
  2. コラム
  3. 省エネコラム
  4. 今使っている高天井LED、それ省エネできますよ!

省エネコラム

Economical use of energy

省エネコラム

今使っている高天井LED、それ省エネできますよ!

桜も散って、新しい1年が始まりました。
新しく省エネ担当に着任された方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「省エネは前任者やり尽くしていて、ネタがないんだよね」
省エネのネタにお悩みの方はいらっしゃいませんか?

この記事では、工場や倉庫の天井照明を何年も前にLED化していて、もう省エネできない、という状況にフォーカスします。
今使っている高天井LEDをそのままに、省エネしちゃいませんか?

そのアイディアをご紹介します。
以下のお好きなところから読めます

いつ頃高天井LEDに交換されましたか?

今、工場や倉庫でお使いの高天井LED、いつ頃交換されていますか?
高天井LEDが市場に登場したのは、2010年頃。
直管形LED(蛍光灯代替)は、それより早い2009年頃から発売されています。

2011年7月には電気用品安全法(PSE)が改正され、それまで各メーカーの自主的な対応に委ねられていた製品の安全性について、基準が設けられました。
以降徐々に普及し、特に省エネ法のエネルギー管理指定工場に該当する企業を中心に、2013年~2018年くらいにLED化が進みました。
貴社のLED、その頃に設置されてはいませんか?

さて、当時のLEDですが、寿命40000時間という製品が多いです。
これはLEDチップの寿命を指していて、点灯時間が40000時間に至るころ、最初の明るさ(100%)から、70%程度に低下することを意味します。

40000時間というと、どれくらいの期間使えるのか計算してみます。
例えば、1日10時間、300日営業の現場の場合、1年の稼働時間は3000時間ですね。
寿命40000時間の製品なら、10年以上は使える計算になります。
例えば2016年にLED化されたのなら、あと5年以上は使えますね。

とは言え、最近のLED照明は進化してより省エネになっています。
最新のカタログを見ると、新しいLEDに交換したくなってしまいますね。

最近のLEDの話 ①高効率化(過去との比較)

2012年頃の高天井LEDの資料と、最新機種と比較してみたいと思います。
(参考資料:月刊環境ビジネス2012年9月号 ※現在は年4回の季刊/各メーカーの最新カタログ)

メーカー:A社 メタハラ400W形器具相当

2012年(丸形) 最新の一般型 (角型)
消費電力 225W 123W
光束 19,000 lm 22,600 lm
発光効率 84.4 lm/W 183.7 lm/W
演色性 Ra70 Ra80
定価 186,000円 税別 10,4000円 税別

 

メーカー:B社 メタハラ400W形器具相当

2012年(丸形) 最新の一般型 (角型)
消費電力 195 W 101.5W
光束 24,000 lm 20,300 lm
発光効率 116.6 lm/W 200 lm/W
演色性 Ra 70 Ra 70
定価 185,000円 税別 99,800円 税別

 

メーカー:C社 水銀灯400W形器具相当

2012年(ソケット型) 最新の一般型 (ソケット型)
消費電力 96W 89 W
光束 11,000 lm 12,300 lm
発光効率 112 lm/W 138.2lm/W
演色性 Ra 70 Ra 80
定価 69,800円 税別 カタログ記載なし

 

各メーカーとも、最新機種は消費電力がだいぶ下がっていますね。
表中の発光効率・光束・定価にご注目下さい。
発光効率は、発光量(光束)に対する消費電力を表していて、数値が大きいほど省エネです。
光束は、器具から発する光の総量です。
ここ10年くらいで価格は半分ちかくに、そして性能は2倍ちかくになっています。

最近のLEDの話 ②高機能化

各メーカーとも、製品の高性能化は2018年あたりで終わらせていて、現在は高機能化の製品を発売しています。
以下に例を挙げます。

(対環境)

  • 耐熱
  • 耐低温
  • 防塵防滴
  • 耐オイルミスト
  • 耐塩害
  • 耐振動

(省エネ対策)

  • 人感センサー付き
  • 調光機能付き

(IoT化)

  • 無線を用いた照明のネットワーク化
  • タブレット/スマホでの簡単操作
  • 調光や消灯等のスケジュール化
  • カメラや人感センサー、明暗センサーのネットワーク組み込み

LED照明はここ10年くらいの製品ですが、色々な環境に対応する製品、より省エネできる製品、ネットワーク化できる製品が出てきています。
用途によって、選択肢が広がりますね。

とは言え、最新機種への交換は難しい…

「最近のLEDは省エネだし、色々ありますね」
「でも、今使っているLEDはまだ使えるから、当分交換はないです」
展示会などで頂くコメントです。

そうですね。
まだLEDの寿命が何年も先なら、最新機種と比較して省エネではなくても、当然使い続けることになりますよね。

でも、諦めないで下さい!
そのLEDを省エネできますよ。
その答えは「後付センサー」です^^

今使っている高天井LED、それ後付センサーで省エネできますよ!

工場や倉庫の高天井LED専用の後付センサーができました。
Lumiqs 「エコセンサー」です。
センサーで必要なときに点灯し、不要なときに消灯もしくは減灯するので、省エネになります。
人感センサー付きのLED照明に交換しなくても、今あるLEDをセンサーライト化できるのです。

普通の後付の人感センサーとは違い、センサーに補助灯が付いています。
こんなことができます。

  • 人やフォークリフトを検知すると、既存LEDが点灯
  • 検知範囲内から人やフォークリフトが出ると、既存LEDが消灯し、エコセンサーの補助灯が点灯
  • また検知範囲内に人やフォークリフトが入ると、既存LEDが点灯し、エコセンサーの補助灯が消灯

以下は点灯イメージです。

なぜ補助灯が必要なのか説明させて下さい。
人感センサーを後付けする場合、照明の配線に組み入れます。
人感センサーが検知した場合、センサーが配線に出力し、配線につながった照明に通電するため点灯します。
反対に、検知しない場合は、センサーは配線に出力しません。そのため照明は消えたままになります。
この場合、工場や倉庫はどうなるでしょうか?
人やフォークリフトがいない場所は、完全に消灯してしまいます。
作業現場において、完全消灯はちょっと危ないかもしれません。

(一般の後付センサーの場合)

そこで、「エコセンサー」には補助灯をつけました。
今使っているLEDの10%くらいの明るさで、センサー待機中にほんのり点灯します。

(エコセンサーの場合)

エコセンサーの取り付けは、既存LEDのそばに施工・配線します。
既存LEDに来ている配線を、エコセンサーの入力側に。
エコセンサーの出力側から既存LEDに配線します。

配線イメージ

出力は2系統までできます。

端子台

検知後の点灯保持時間はリモコンで設定できます。

後付センサーの省エネ効果は?

後付センサー「エコセンサー」の省エネ効果について計算してみたいと思います。

(計算例)
・既存照明の消費電力が100W
・その照明に対して1台のエコセンサー (ES-150/補助灯消費電力10W)を設置

(計算の前提)
・年間稼働時間3000時間
・点灯率(エコセンサーが検知して既存照明が点灯する時間割合)を20%

(計算結果)
消費電力が72%削減されます。

(計算式)
1. 既存照明の年間消費電力(kWh)
100W × 3000時間 ÷ 1000 = 300kWh

2. エコセンサー追加時の年間消費電力(kWh)
(100W × 点灯率20% + 10W × (1-点灯率20%) ) × 3000時間 ÷ 1000
赤色=点灯時                 青色=待機時
= (20W + 8W) × 3000時間 ÷ 1000
= 84kWh

3. 削減率
(1 – 84÷300)×100 = 72%

エコセンサーによる省エネ、というアイディアはいかがでしたでしょうか?

問題は、上手く投資回収ができるか、かもしれませんね。
こちらについては、「工事費」「エコセンサー代」「点灯率」「電気料金単価」がわかればシミュレーションできます。
気になる方は、ぜひお問い合わせ画面よりお申し付け下さい。
もちろん電話でも大歓迎です。
省エネ検討のお役に立てれば嬉しいです。