1. HOME
  2. ブログ
  3. LED
  4. LED寿命と機器寿命は違いますか?

Q&A

省エネQ&A

LED

LED寿命と機器寿命は違いますか?

LEDの寿命について、「チップ寿命」と「機器寿命」の違いについて質問をいただくことがあります。


チップ寿命は、チップメーカーの仕様に基づいて公表している数値で、「何度の温度で何時間点灯できるか」でカテゴライズされています。
そのため一般的なLED照明は、チップの仕様に基づいて、製品全体がチップの仕様温度より下回るように設計します。

機器寿命は電源等を含む機器全体の寿命です。
メーカーによって判断基準は異なりますが、 Lumiqs製品は、電源のうち、温度や時間によって摩耗する電解コンデンサという部品を基準に、機器寿命を設定しています。
製品を長時間点灯させ続けたときの温度上昇について、各部品の温度を測定し、電解コンデンサの仕様温度より何度低いかで寿命を計算しています。
センサー付き照明は、待機時にLEDを消灯させておくことで、チップおよび電解コンデンサの寿命が延びる方向にもなるのです。

関連記事

onclick ="ga('send','event','tel tap','フッターの電話ボタン','%{CURRENT_URL}', '1');"