1. HOME
  2. ブログ
  3. 省エネ方法
  4. 蛍光灯のLED化で投資回収が早い方法はありませんか?

Q&A

省エネQ&A

省エネ方法

蛍光灯のLED化で投資回収が早い方法はありませんか?

工場や倉庫の高天井で、蛍光灯をお使いの場所は結構ありますよね。
取替え用の球が安価ですし、水銀灯と違って、2020年の輸入・生産禁止対象ではないので、なかなかLED化に踏み切れない企業様が多いようです。

まだ照明として使えますが、省エネの余地はある、しかしながらLED化する場合、投資回収に時間がかかるという問題があります。

そんなお悩みがあるなら、センサー付きのLEDはいかがでしょうか?

人やフォークリフトを検知して、必要な時に点灯し、不要なときは自動消灯します。

センサー付きLEDベースライトLumiqs「BL-640」は、2018年度省エネ大賞を受賞。直線的なスタイリッシュなデザインで、グッドデザイン賞も合わせて受賞しています。


もしモニタリングセンサーで点灯率を実測して20%以下、また年間稼働時間が3000時間程度なら、4年程度で投資回収が可能なんですよ。

蛍光灯比85%節電

センサーで必要なときだけ点灯するBL-640は、わずか2~3年でイニシャルコストを償却し、10年間では1台あたり4万円の電気代を削減することができます。

蛍光灯比85%節電
2~3年でイニシャル償却

簡単なシミュレーションできます!

ウチの現場でセンサーが役に立つのかな?

そう思ってくださったお客様! ここで簡単にシミュレーションできますよ^^

照明の種類、点灯時間など入力するだけ。ぜひ覗いてみて下さい!

関連記事