1. HOME
  2. ブログ
  3. 省エネ方法
  4. セラメタとメタハラのLED化を検討しています。投資回収が早い方法はありませんか?

Q&A

省エネQ&A

省エネ方法

セラメタとメタハラのLED化を検討しています。投資回収が早い方法はありませんか?

工場や倉庫の高天井で、セラメタやメタハラ190形などをお使いの現場は多いです。水銀灯と違って、2020年の輸入・生産禁止対象ではないので、まだまだ使えますが、省エネの余地はある。しかしながら、LED化するにしても、それなりに発光効率が良いので、なかなか投資回収が見込めないのが、セラメタやメタハラです。そんなお悩みがあるなら、ぜひセンサー付きのLEDをご検討下さい。

もしモニタリングセンサーで点灯率を実測して20%以下、また年間稼働時間が3000時間程度なら、3~4年程度で投資回収が可能です。
→グラフ挿入
→LIXIL関東の事例のリンク